男性の濃い髭にも効果的なおすすめ家庭用脱毛器T0P5【2019年最新版】


Warning: A non-numeric value encountered in /home/yesnen/kateiyou-datsumou.net/public_html/wp-content/plugins/shortcode-star-rating/shortcode-star-rating.php on line 169

家庭用脱毛器を購入した男性500人にアンケート!もっとも満足度の高い脱毛器を紹介

こんなふうに悩んだことはありませんか?

  • 仕事が忙しくて脱毛に通えない…
  • いきなり脱毛サロンに通うのはハードルが高い
  • 脱毛したいけど…どうやって脱毛したら良いかわからない

そんな脱毛初心者におすすめなのが家庭用脱毛器です。どこかに行く必要もないし、自分の暇な時間を使って脱毛出来るので今は男性の間でも非常に人気の商品となっています

ただし、どんな家庭用脱毛器でも良いわけではありません。実際に使用した男性からは「効果がなかった」「すぐに壊れた」などの不満も多いそうです

そこで実際に家庭用の脱毛器を購入したことがある男性500人の方にwebでアンケート調査を実施しました。実際にどんな脱毛器が効果的で良かったのか?購入してどんな失敗があったか?をくわしくまとめたので、家庭用脱毛器の購入を悩んでいる方は購入の際の参考にしてみて下さい

 

購入者の6割が不満!?家庭用脱毛器の髭への効果は…?

実際に調べてみたアンケートの結果、500人中やや不満が213人不満と応えた人が87人と家庭用脱毛器を購入してマイナスな印象を持った人が全体の60%を越える結果となりました。

アンケートに回答してくれた方達が利用している家庭用脱毛器の種類やスペックは様々ですが、全体的にはネガティブな意見が多い印象です。次の項目からは、どの様な脱毛器を購入して不満に思ったか更に細かくまとめてみました。

 

痛くて耐えられない人が多い!?

「家庭用脱毛器を購入して不満を感じた時はどんな時ですか?」と質問したところ、一番回答が多かったもので42%もの人が「痛い」と回答しています。

【家庭用脱毛器を購入して不満を感じた時はどんな時ですか?】

40代 男性
焼き切るタイプの脱毛器をヒゲ脱毛に使っていました。耐えられないくらい痛くて3回目の途中で使用するのを辞めました…。私には合いませんでした
30代 会社員
光タイプの脱毛器です。週1回の使用で5回ほど照射してみましたが、髭が人よりも濃いせいなのかよく冷やさないと痛いし…1ヵ月程度の使用では髭が劇的に減ったという実感は正直まだありません。

男性のヒゲは体毛の中でも太く強い部類に入ります。女性の脱毛と大きく違って、簡単に脱毛できる部位ではないので「時間がかかる」のと「脱毛時に痛み」についてはある程度がまんが必要です。また脱毛器にもある程度種類があるのですが、「光タイプ」の脱毛器よりも「引き抜くタイプ」や「焼き切るタイプ」の脱毛器を使用している方のほうが「痛い」という意見が多かったです。

 

脱毛器は壊れやすい?…価格が安い脱毛器は☓

30代 会社員
友人のすすめで購入しました。高い脱毛器を購入するのは怖かったので、まずは価格の安いものをお試しで購入しました、効果が出てきたぐらいですぐに壊れてしまい、結局友人のものと同じ脱毛器を後から購入する事に…
30代 会社員
ネットで20,000円の脱毛器を購入しました。1年間使用して何の効果も感じられなかったです。

14%もの人が不満に思っていた「壊れやすい」という意見は、「初めてなので安いものを購入してみた」とか「中古をネットで購入した」という意見が多かったです。購入商品の価格アンケート比例して、購入した商品が低価格で購入しやすいものほど…「壊れやすい」「効果がない」といった意見が多くなりました

【購入した家庭用脱毛器の値段はいくらですか?】

一概に価格が安いものは全て悪い…とは言えませんが、価格が低いということは理由があるので期待しないほうが良さそうです。また女性と違い男性のヒゲは脱毛するのに時間もかかるので、ヒゲが濃いと自覚している方には、それなりのスペックの家庭用脱毛器を購入することをおすすめします。

 

購入前にこれだけはチェック!濃い男性の髭にも効く脱毛器の選び方

一口に家庭用脱毛器と言ってもその脱毛方式や仕様はメーカーや価格帯によっても大きく違います。しかし購入する時は実際にどの様なポイントに気をつけて選べばいいか分からない人がほとんどかと思います。ここでは失敗しない為の髭の脱毛器の選び方を解説していきます。

①3種類の脱毛方式から自分に合った脱毛器を選ぶ

脱毛器の価格やスペック、デザインなどによる違いとは別に、家庭用脱毛器は根本的に大まかな仕様が、擬似レーザーを使用するレーザー方式、熱によりムダ毛を処理するサーミコン方式、フラッシュによる光脱毛を行うフラッシュ方式の3種類に分けられます。以下では3種類の仕様を説明したいと思います。

レーザー式

レーザー方式の脱毛機器は法律によって医療従事者のみが取り扱える決まりになっていますが、市販のレーザー方式の家庭用脱毛器は出力をクリニックよりも落とす事で販売が可能になっています。クリニックレベルのレーザーであれば広範囲を短時間で脱毛できますが、家庭用脱毛器の擬似レーザーでは脱毛するのにそれなりに時間が掛かります。

永久脱毛を目指すのであればレーザー方式の脱毛器が適していますが、かなりの痛みが発生するので顔に使用する場合は厳重な注意が必要です。

サーミコン方式

サーミコン方式の脱毛とは熱で処理をする方式を指します。実際にはサーミコンという熱線を使い熱によって皮膚から出ている無駄毛を焼いて除毛しますので、毛が生えにくくなる効果はありません。また毛を焼き切る方式ですので、脱毛処理をしている時に毛が焼ける匂いがします。平らな部位の脱毛処理には適していますが、顔など凸凹が多い部位の脱毛には不向きともされています。価格も安価なものが多く、大きさもコンパクトなのが特徴です。

フラッシュ方式

フラッシュ方式とは一般的な脱毛サロンで使用されている黒い色素に反応する光を当てて脱毛するタイプの方式です。

光の種類はインテンスパルスライトというもので、この光は距離が離れるほど拡散する性質を持ち、肌に当てた時に表面温度は上がらずに、毛根だけにダメージを集中させる事ができます。家庭用脱毛器というジャンルにおいては3種類の方式の中で一番オススメできる方式です。

脱毛方式 痛み 脱毛力 初期費用 ランニングコスト
レーザー式
フラッシュ式    
サーミコン式      

 

②肌が弱い人には光脱毛器がおすすめ

敏感肌やアトピー肌の人に適しているのが、光の照射で脱毛を行うフラッシュ式の家庭用脱毛器です。敏感肌といっても個人差があるので、照射強度の調整ができるタイプの家庭用脱毛器であれば、『自分にあった光はこれくらい!』といった具合に最適の照射強度を見つけることができます。

 

③照射範囲の広い脱毛器を選ぶ

照射面積とは、1ショットにおける光の広さを指します。照射面積が狭いと一回で当てられる光の量も少なく脱毛に時間がかかります。照射面積が広ければ広いほど、光を当てる回数も少なく広範囲の脱毛が可能になりコストパフォーマンスにも優れています。購入する場合には照射面積の広い脱毛器を選ぶ事をオススメします。

ただ照射面積が広すぎても髭を脱毛するのには不向きとなってしまいます。髭の脱毛に適切なのは、7~10㎠程度の照射面積と言われており、通常の体毛を脱毛する時に使用している脱毛器よりも比較的コンパクトな脱毛器を選ぶ方が良いでしょう。

 

④国内生産の脱毛器を選ぶ

脱毛器の購入をする時は、国内製の脱毛器よりも海外製の脱毛器の方が価t格も安く目移りしてしまいますが、これはオススメしません。何故なら

海外製の脱毛器は、体毛が濃く、皮膚の色素も日本人とは違う、外国人向けに作られているからです。

また故障した時の対応にも不安が残るからです。日本人と海外の人では皮膚の質や毛質も大きく違っており、日本人に合わない可能性も高いので、家庭用脱毛器を購入する時は国内メーカーの製品を購入する事をオススメします。

 

髭の脱毛におすすめ!メンズ向け家庭用脱毛器ランキングTOP5

【第1位】ケノン

ケノン

ロングセラー商品として、購入したユーザーから高い支持を受けているケノン、髭やすね毛といった体毛の中でも太いタイプの毛質にも高い効果が期待できるので、購入しているユーザー全体の約4割が男性と言われています。フラッシュ式の家庭用脱毛器で、照射回数は約100万回、照射面積も9.25cm²と数ある脱毛器の中でも最高のスペックになっています。

ケノン
価格:69,800円
脱毛方式:フラッシュ方式
照射面積:9.25cm²

みんなの口コミ評価(5点)

ケノンの口コミ

20代 男性
元々髭が濃く、青髭になるのが嫌で購入しました。 痛くないように弱いレベルでの使用だったのですが、2ヶ月ほどで髭全体が薄く細くなっている効果が実感出来たのは嬉しかったです。
20代 男性
以前は別の脱毛器を使用していましたが、約3ヶ月使用しても効果を感じることがなかったので、友人のすすめでケノンに切り替えました。今は半年ほど使用していますが、以前に比べて毛の濃さや太さが全然変わってきたので毎日の手入れも楽になりました。
女性の毛質に対応している脱毛器は沢山ありますが、男性の特にひげ部位の毛に対しても効果的な脱毛器はなかなかありません。また、出力調整まで可能なので1台で髭以外にも全身にも使用が可能です。家族や恋人ともシェアができるのがケノンの大きな特長です。値段は家庭用脱毛器の平均以上ではありますが、コストパフォーマンスはかなり優れている商品です

 

【第2位】トリア

トリア

トリアはアメリカ発のレーザー式脱毛器です。家庭用脱毛器ながら医療用の技術を応用しており、威力があることで知られています。部位にはよるものの、短期間でツルツルの肌になります。髭の脱毛には狭い範囲を集中的に照射することが効果的なので、トリアはそういった意味でうってつけの脱毛器です。

価格:54,800円
脱毛方式:レーザー式
照射面積:1cm²

みんなの口コミ評価(4.5点)

トリアの口コミ

30代 会社員
自宅でレーザー脱毛ができるので購入しました。使用した後は髭が生えるスピードがかなり遅くなりました。使用時にチクッとした痛みはありますが気にならない程度です。短期間で脱毛効果を感じられて満足しています。

 

【第3位】メンズ・レイボーテ

メンズ・レイボーテ

メンズ・レイボーテ
価格:108,000円
脱毛方式:フラッシュ式
照射面積:12cm²

みんなの口コミ評価(4.5点)

メンズ・レイボーテの口コミ

20代 会社員
最初は効果がないかも?と思いましたが、数回繰り返すうちに毛が柔らかくなっていく手ごたえを感じました。今では見て分かるほど髭が薄くなり、満足しています。
30代 会社員
照射面積も広く持ちやすいので髭の脱毛がしやすいです。痛みも多少ありますが、それが効いてる感じがして気持ち良いです。
値段はランキング内の製品中で一番高額ですが、効果の高さと使い勝手の良さはお値段以上とも言えます。

 

【第4位】ノーノーヘアフォーメン

ノーノーヘアフォーメン

ヒゲ剃りによって肌を傷めてしまうのが悩みという人におすすめです。熱によるムダ毛処理をおこなえるサーミコン式脱毛の男性用製品です。肌には直接触れないので、肌をいためる事はなく値段もリーズナブルです。

価格:29,800円(公式販売価格)
脱毛方式:サーミコン式

みんなの口コミ評価(4点)

ノーノーヘアフォーメンの口コミ

30代 男性
処理した毛先がカミソリよりはとがってなくていいですが、匂いが少し気になるので出かける直前の使用は避けたほうがいいかも…
30代 男性
カミソリよりは簡単に毛の処理ができるのでおすすめです。
肌が弱い人向けの脱毛器ではありますが、毛を焼き切る製品なので匂いが気になる人には使用をおすすめしません。

 

【第5位】ソイエ

ヒジやヒザ、踵などの角質ケアができる優れものです。ソイエは約10年前に発売されモデルチェンジを繰り返している、引き抜きタイプの家庭用脱毛器です。現在のソイエは脱毛の他に肘や膝の角質を除去できる機能も付いています。お風呂でも使用ができたり、ヘッド部分は切れ味が悪くなったら別途購入ができます。

ソイエ
価格:6,879円~
脱毛方式:引き抜き式

みんなの口コミ評価(4.5点)

ソイエの口コミ

30代 男性
抜けない事はないが、毛穴がしっかりしてないと痛いし途中で切れることがある。チクッとしますが痛みが思ったよりはなく、脱毛効果も実感できているので満足です。
引き抜き式の脱毛器として有名なソイエですが、モデルチェンジを頻繁に行っているのは知りませんでした。コンパクトな形状とお風呂でも使える利便性が人気です。

 

ひげ脱毛に効果的な家庭用脱毛器の使い方

 

家庭用脱毛器で髭の脱毛をおこなっても効果が出てない人も見かけますが、それは脱毛器の使用方法が間違っている可能性が高いです。それぞれの脱毛器の説明書をよく読んで使用法を守れば、確実に効果を出すことができます。今回は男性脱毛器の効果的な使用方法を詳しく紹介していきます

1.照射時間&照射頻度は多めにおこなう

髭の脱毛は個人差が多いので、一概に何回照射をしたら髭が薄くなるとは言えません。ただ髭の脱毛が上手くいかない理由で一番多いのは、髭への照射時間が短い事が挙げられます。
1週間に1回程度、5分の照射を繰り返していくと、早い人で2,3回程度で毛がスルッと抜けるようなるそうですが、髭の脱毛は個人差が大きい為一概に3回の照射で髭の脱毛が成功するとは言えません。

また毛には毛の生えるサイクルの『毛周期』があり、毛の成長期に併せて照射するのが、最も効果的なタイミングとされています。髭一本一本の毛周期はバラバラなので、2〜3ヶ月に一回と間隔を空けて照射するより、小まめに一本一本の成長期に合わせて照射するとより脱毛効果を実感しやすくなります。

 

2.脱毛前には少し髭を残した方が効果がある

光脱毛において脱毛に一番適している毛の長さは1mmと言われています。脱毛前に髭を剃りすぎてしまうと、照射をしても毛に最大限のダメージを与えられない可能性があるので、脱毛前に髭を剃りすぎると逆に効果が薄くなってしまいます。

また髭脱毛は、顔の皮膚が薄く毛自体が太く・濃く・密集している為、照射において他の部位よりも痛みを強く感じます。5秒〜10秒程度はしっかりと保冷剤等で顔を冷やさないと痛みを軽減できませんので気をつけてください。

 

3.ハンドピースは肌に対して直角に当てる

フラッシュ式の家庭用脱毛器ハンドピースは、肌に対して直角に光を当てないとセンサーが髭を認識しないため、脱毛効果を得ることができません。使用する際はしっかりと肌に対して直角に光を当てましょう。家庭用脱毛器を購入する時はハンドピースの形状もコンパクトで扱いやすい物が良いでしょう。

 

家庭用脱毛器と脱毛サロンは髭脱毛する場合どっちが安い!?

家庭用脱毛器での髭脱毛と、脱毛サロンを利用した時の費用を比較してみました。

髭が薄くなったと感じるまで

回数/費用

期間

脱毛サロン

9回~10回

約400,000~500,000円

1年半

脱毛器
(ケノン)

10回~18回

初期費用:69,800円

5ヶ月~9ヶ月

髭の手入れがほとんど必要なくなるまで

回数/費用

期間

脱毛サロン

22回~24回

約1,000,000~1,200,000円

4年~5年

脱毛器(ケノンの場合)

15回~25回

初期費用:69,800円

7ヶ月~1年

脱毛サロンで脱毛した場合は髭剃りを必要なくなるまでに約20回の通院が必要

脱毛サロンで、

『髭剃りの回数が経る状態』になる目安が9回~10回の通院、

『肌がツルツルになった状態』になるのに22回~24回以上の通院

が必要と言われています。

メンズTBCであれば9回~10回の通院で約400,000円、22回~24回で約1,000,000円が掛かります。

一方、家庭用脱毛器であれば奮発して高額の商品を購入しても価格は8万円前後と価格自体が安い上に髭などの部位であれば最低でも30回以上の照射が出来るので、価格面では家庭用脱毛器の方がコスパが良いとされます

 

便利さが家庭用脱毛器の最大のメリット

価格だけを比較すると圧倒的に家庭用脱毛器を使用したほうがお得に感じますが、家庭用と脱毛サロンを比較した時により重要になってくるのは『便利さ』です。好きな時間、脱毛したいタイミングですぐに脱毛をおこなえるのは家庭用脱毛器の最大のメリットと言えるでしょう。仕事や予定が忙しくてサロンに通える自身がない方には、家庭用脱毛器の使用が向いていると言えるでしょう。

また家庭用脱毛器は低価格やいつでも好きなタイミングで使用できるだけではなく、気軽に好きな部位を脱毛できるのも嬉しいところです。サロンであれば脱毛箇所を増やしたり、全身脱毛のコースに切り替えると自由度と比例してかかる費用も大幅に高くなります。家庭用脱毛器は購入してしまえば、いつ、どの部位に使用するかは全て自分次第で納得するまで脱毛行為をおこなえます。

一般的には、脱毛サロンよりも回数と時間はかかりますが、家庭用脱毛器による脱毛の方がリーズナブルといえるでしょう。

 

家庭用脱毛器と医療脱毛は髭脱毛する場合どっちが安い!?

家庭用脱毛器と脱毛サロンを比較するとコスト面や利便性においては、家庭用脱毛器の方がお得に感じる事が多かったですが、家庭用脱毛器と医療脱毛を比較した場合はどうでしょうか。

髭剃りが回数が減ったと感じるまで

回数/費用

期間

クリニック

4回~5回

約70,000円~90,000円

1ヶ月~3ヶ月

脱毛器(ケノンの場合)

10回~18回

初期費用:69,800円

5ヶ月~9ヶ月

髭が生えなくなりつるつるな状態

回数/費用

期間

クリニック

10回~12回

約70,000円~130,000円

3ヶ月~6ヶ月

脱毛器(ケノンの場合)

15回~25回

初期費用:69,800円

7ヶ月~1年

医療脱毛クリニックの特徴

医療クリニックで髭の脱毛をおこなった場合、個人差はありますが

『髭に脱毛効果がではじめる』までに必要な回数の目安が4~5回、

『ほとんど手入れが必要なくなった状態』になるのに約10回~12回以上の通院

が必要と言われています。

費用面では、脱毛サロンに比べると効果が出るのが早くコストパフォーマンスに優れているように思えます。

また価格以上に医療クリニックでは、レーザー方式の脱毛により永久脱毛が可能である事が大きな特徴と言えます。

脱毛サロンよりも使用しているレーザーのパワーが違う為、短期間での永久脱毛が可能です。有名クリニックであれば全国の主要都市にあり予約も取りやすくて通いやすく、更に短期間で効果を出す事が可能となります。

 

 脱毛クリニックを利用する時の注意点

医療クリニックでの施術の大きな特徴であるレーザーによる髭脱毛には涙が出るくらいの痛みを伴うと言われています。痛みが気になる場合は麻酔を注射してから施術をおこないますが、麻酔は別料金になる事が多いです。

痛みやコストを気にする方は医療クリニックでの髭脱毛は向いてないかもしれません。

更に医療クリニックで12回~14回の施術をおこなうと完全に永久脱毛すると言われていますので、将来的に髭を楽しみたい人であれば回数を制限しての施術が必要になります。永久脱毛をしてしまうと一生髭は生えてこないので注意が必要です。

 

公式サイトやamazon・楽天…家庭用脱毛器の購入はどこがお得?

医療クリニックや脱毛サロンと比較すると低価格で、コストパフォーマンスにも優れている家庭用脱毛器ですが、ユーザーの心理としては一円でも安く手に入れたいと思うものです。一番人気の家庭用脱毛器ケノンをどこで購入するのが一番お得か調べてみました。

【脱毛器ケノン 販売サイト比較】

販売サイト
価格(税込)
付属品サービス
送料代引手数料
送料代引手数料
ケノン公式サイト
69,800円
 〇
無料
 
楽天市場
69,800円〜
 〇
無料
  
amazon
69,800円〜
 〇
無料
 
ヤフーショッピング
69,800円〜
 〇
無料
 
メルカリ・ヤフオクの相場
30,000円〜
60,000円
 ×
 有料
 

現在、家庭用脱毛器ケノンを販売しているのは、「公式ページ」「楽天」「amazon」「ヤフーショッピング」「ヤフオク」となっており、一般的な家電量販店での販売はおこなっていません。

ヤフオクやメルカリなどのオークションサイト以外では、販売元は公式のエムロックが運営しており販売価格や手数料に違いはありません。購入するサイトによって付属品の違いがあるので、そちらに注目して購入する事をオススメします。
楽天やヤフーショッピングでの購入にはポイントが付くのでそれを加味して購入するのもいいですが、公式で購入するとポイント以上の付属品が付く場合もあるので、公式サイトからの購入が一番お得といえるでしょう。

またヤフオクやメルカリなどのオークションサイトで出回る中古品を購入するのはあまりオススメできません。故障時のメーカー保障外であったり、送料がかかるなどオークションサイトを利用しての購入はお得な買い物ではありません。

 

【Q&A】髭脱毛で良くある疑問・質問

Q.除毛クリームもヒゲ脱毛に効果ありますか?

ムダ毛の除去に除毛クリームを使用すると効果はありますが、髭の脱毛を除毛クリームをおこなうのはオススメしません。除毛クリームは刺激が強く、腕や脚に塗っても皮膚の弱い人であれば炎症を起こします。顔は肌の中でもとても敏感でかゆみや炎症を引き起こすので髭の脱毛に除毛クリームの使用は控えた方が良いでしょう。また目や鼻、口内への混入も失明や粘膜の異常を引き起こす可能性があるのでくれぐれも気をつけましょう。

基本的に、髭の脱毛には除毛クリームの使用はおこなわないのが無難です。

 

Q.家庭用脱毛器で永久脱毛は可能ですか?

A.家庭用脱毛器で、髭の永久脱毛は一般的におこなえません。家庭用脱毛器では「永久に毛が生えてこないようにする」という行為は認められておらず、毛の細胞に少しずつダメージを与えて脱毛をおこないます。個人差がありますが、何度も脱毛を続けて体毛がすっかり生えなくなるユーザーも実質的にはいるそうです。体調や体質、髪質によっては生えてこない場合もあるそうです。

 

Q.抑毛ローションで青髭や濃い髭を解消する事はできますか?

A.抑毛ローションには青髭、濃い髭を薄くする効果や脱毛効果はありません。髭に関する課題は解消できませんが、スキンケア効果として肌にハリを与えたり、水分を肌に含ませる効果はありますが、髭の脱毛には一切の効果が見込めませんので使用には気をつけましょう。

 

髭の脱毛は効果的な脱毛器を選ぼう

仕事の忙しい男性にとって家庭用脱毛器の使用も非常に有効だと思います。家庭用脱毛器も進化して髭の脱毛もお手軽におこなえるようになりましたが、家庭用脱毛器を気になったばかりの人であればあるほど購入する前にしっかりと自分に適している脱毛器や脱毛方法を調べることが必要です。

単純に脱毛器の価格と脱毛サロンの費用を比較すると、圧倒的に脱毛器の方が安くメリットがあるように思いがちですが、本体価格が安く設定されている脱毛器であれば、脱毛できる部位の制限があったり効果が出にくい場合もあります。

しっかりとした家庭用脱毛器であればそれなりに費用はかかるので、購入前にじっくりとチェックをして自分にあった商品を購入する事がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です