ほくろがあると脱毛はできないって本当?ほくろ毛が多い人の脱毛について

ほくろ毛

ほくろがあっても脱毛はできる?

「ほくろがある部位は脱毛できない」と耳にしたことがあるかもしれません。

人によってほくろの数はそれぞれですが、ほくろの数が多いからもしかしてちゃんと施術してもらえないのかもと不安になる人もいるかもしれません。

  • ほくろが多いんだけど脱毛を受けられるの?
  • ほくろから生えている毛を脱毛できるの?
  • ほくろに照射するとどうなるの?

ほくろがあった場合の、脱毛の施術対応についてまとめています。

 

ほくろがあっても脱毛はできます

ほくろが多い人でも脱毛可

ほくろがあったとしても脱毛の施術は行なってくれますので安心してください。

とはいえ、ほくろがある部分はレーザーの照射を避けて施術を行うことが基本となります。

その他の対応としては、ほくろがある部分にシールなどを貼り付け保護をします。
またレーザー自体の出力を下げて脱毛を行う場合もあります。

 

ただしほくろの毛はNG

ほくろがあったとしても施術は可能なのですが、ほくろから毛が生えている部分の脱毛は出来ないと考えるようにしましょう。

ほくろから毛が生えるケースは珍しくないみたいだけど…ほくろの毛こそ脱毛したい!笑
ほくろの毛が脱毛を避けるには、実はしっかりとした理由があるの!

 

ほくろ部分の照射を避ける理由

ほくろのメラニンは照射NG

脱毛サロンでも医療クリニックでも同じことが言えますが、レーザーの光黒いものに反応する性質を持っています。

脱毛の場合はメラニンと呼ばれる色素に反応をします。
毛はメラニン色素によって黒く生えているんですね。

そのメラニンに反応させることができるからこそ、脱毛は可能となっているんです。

で、覚えておきたい事がほくろメラニン色素の集まりであること。
メラニンをたくさん持っている細胞が密集している部分がほくろの症状として現れます。

そのため、脱毛のレーザーの光をほくろに当ててしまうと過剰に反応を起こしてしまうんですね。
皮膚内に存在しているメラニン色素に反応してしまうことで、やけど肌トラブルを引き起こす可能性があるんです。

また、毛根部分よりも皮膚表面にメラニンが存在していることもありレーザーとの距離も近くやけど等を起こす可能性は決して低いことではないんです。

ほくろの部分には極力光を照射しないのは、あなたのお肌をレーザーで副作用が起きないようにするための対策なんですね。

ほくろは色が濃いから過剰に反応してしまうのね!
なので照射の際には強い刺激や痛みを伴うこともあるんだとか。

 

脱毛するとほくろが薄くなるという話は本当?

可能性ゼロじゃないけどおすすめしません!

もしかしたらほくろのある部分レーザーを当てたら目立たなくなった!消えた!という感想を見た人も多いかもしれません。

そもそもレーザーをほくろに当てないように対策をしているのに、なぜそういったことが起こり得るのか?と疑問ですよね。

脱毛サロンではなく医療クリニックでの医療脱毛に当てはめればその可能性はゼロではないと言えます。

 

医療資格のある医療クリニックではほくろの脱毛も◎

医療機関で行われる脱毛であるため、症状の度合いにもよりますが比較的小さく薄いほくろ。
つまり、メラニン色素がそれほど分泌されておらず密集していない場合は保護することもなくそのまま施術を進めるクリニックもあります。

もちろん通常のレーザーの出力よりもパワーを抑えることで肌トラブルを未然に防いでくれます。

このように、元々が小さなほくろに対してレーザーを照射した人がほくろが目立たなくなったと実感する人がいます。

というのも、医療クリニックで使用される脱毛機の中には元はシミを薄くする目的としていた機器を応用しているものがあるためです。

※使用率の高いアレキサンドライトレーザーがそれに当たります。

シミ、そばかすといった色素沈着の改善のために使用されていたレーザーがほくろに照射されることで薄く目立たなくなると感じる人もいると考えられるんですね。

ならホクロの上から照射してもらえば、シミ取りレーザーみたいな効果が出るの?
原理は似ている美容レーザーだけど、脱毛をほくろ除去に使用するのは危険です。

 

ほくろ部分の脱毛はめちゃくちゃ痛い

火傷の危険も

ほくろは見て分かる通り、メラニンの集合体。つまり、メラニン色素に反応する脱毛は、光脱毛であってもレーザー脱毛であっても、刺激を受けやすい部分です。

レーザーの場合は、ただでさえ普通の色味の無い部分であっても、熱や痛みを感じやすい部分であり、それがメラニンが集合している場所と考えると…。

刺激をダイレクトに受けることになるので、それなりの痛みを伴います。また、刺激を集めやすいため、痛みだけでなく、火傷や炎症のリスクも高まるため、ほくろ部分への照射は、必ずスタッフや医師に相談してから行いましょう。

 

ほくろ周りの毛…対応は脱毛サロンによる

無料カウンセリングで「ほくろ部分」は確かめて

ほくろがあっても脱毛の施術を受けることはできます。
ほとんどの場合、ほくろがある部分は保護され脱毛を行います。

また脱毛施術でほくろが消える可能性はゼロではないのですが、あくまでも確実性があるものではなく目的は脱毛であることは勘違いしないようにしましょう。

ちなみに、ほくろが脱毛のせいで増えたり濃くなったりと言うことも耳にしますが基本的にはそのようなことはありません。

ほくろの数や大きさによって各サロンクリニックで対応が異なります。
不安な人は事前にカウンセリングに足を運んでスタッフに確認することで安心して脱毛することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です